うおうさおうしています。

今週は寒さが少し緩み、気持ちもなんとなく春らしく。

1月から2月にかけて、低気圧が西日本を通過し、生暖かい雨を降らせる夜が何度かある。
そんな夜は、ニホンアカガエルやヤマアカガエルが水辺に集まって一斉に産卵する。
産卵を終えたら、カエルたちは山の中に帰り、再び冬眠の続きに入るのだ。
今年はまだ見かけていないが、雨の夜はあの特徴的な鳴き声がしないか耳を傾けてみようと思う。

(マニアックな話でスミマセン)


◆2月1日(土)到着の野菜セット(小)。

    上から時計周りに、

①島ちしゃ菜
②菜の花
③大根(2~3本)
④小松菜
⑤じゃがいも(2種類)
⑥にんじん(2種類)
⑦水菜
⑧葉玉ねぎ
⑨はっさく(2個)


葉玉ねぎは、すべて終了しました。美味しかったので、また秋に作付けしよう。

菜の花は、これから少しずつ出せそうです。


昨日は、育苗用のビニールハウスの発注のために、広島市安佐北区飯室へ。
4m×7.5mの小さなハウスを建てることにした。
若い店主さんは、建てる手順や注意点を事細かく親切に教えてくれた。

その足で、前の職場近くの穴ぐらのような居酒屋へ。
どうしても話をしておきたい旧友たちに会いに。

天満川を挟んで向こう側に見えるビルがかつての職場。

いろんな意味で様変わりしたようだ。


横川のはずれに小さなBarが出来ていたので、迎えの車を待つわずか10分間だけ立ち寄る。

「べじたBar Pine Village」 https://www.facebook.com/VegetaBar.Pine.Village

名前の由来は「松下村塾」から、料理の素材はオーガニック野菜にこだわっているもよう。

お店の中は落ち着いた暖かい雰囲気。またゆっくり来てみよう。


そして今日は、農業委員会に提出する書類に印鑑をもらうため、再び広島市へ。

七三農園は4人の地主さんから土地をお借りしているので、印鑑をもらうにもちょっと時間がかかる。

一度に用事を済ませておけば良いものを、行ったり来たり、まったく右往左往なのだ。

印鑑をもらったらダッシュで東広島市役所へ。

17時直前にすべりこみセーフで書類を提出できた。

 

丹波種黒大豆は、こんな感じで少しずつ出荷しています。

七三農園の野菜たちとともに、サンリブ・マルショクのどこかの店舗で販売されているようです。

見かけたら、ぜひご贔屓に!

Follow me!